新着ワイン

日本のワイナリー巡り 信濃ワイン

日本でもおいしいワインが近年注目されています、一度は生産現場へ足を運んでみようと思い、東京出張のついでに長野の塩尻まで足を伸ばしました。


東京新宿から中央本線で2時間半、名古屋からも中央本線で2時間のところにある塩尻はワインの町。おそらく現地の人の言葉を借りても「ワインだけが有名」とのことで、駅前は何と言うか、だだっぴろくて非常に閑散としております。

ワイナリーの多くはナント、朝8時半から試飲を開始しております。
14時の電車で夜の営業に間に合うように帰らなくてはいけないので、朝からトップギアでございます。
駅の西口からタクシーに乗って1200円。まずは信濃ワインから攻めて参ります。



Pa060127

信濃ワインは地下の貯蔵庫の見学ができます。
ここには1956年のワインだかブランデーだかちょっと忘れましたけど、保存がしてあります。

棚にすんごいホコリをかぶっておりましてですね。
うーん歴史ですなー。ここでは次の商品を購入いたしました。

竜眼(クラッセ・ノワール)
メルロー(スーパーデラックス)
豪雪(ナイヤガラ無ろ過 無添加)
雪花(コンコード無ろ過 無添加)
秋香る(ロゼ コンコード)
NAC ナイヤガラ シュール・リー
信濃葡萄ジュース
・1996年製 ブランデー

珠家では豪雪と葡萄ジュースを昨日から提供しております。
豪雪はアルコール9%でろ過をしていない無添加の白ワイン。濁りワインでございますよ。
葡萄ジュースももちろんストレート果汁でスーパーおいしいです。

ナイヤガラのシュール・リーはものすごく香りが甘いのに飲むとキリッとパンチのある辛口でその意外性についついまた飲んじゃうという代物ですね。
竜眼という品種も珍しいですが、この辺ではよく作られている葡萄です。
ちょっと味に複雑さがあります。

ここのメルローはANAのファーストクラスでも使われているのですが、さすがにその試飲はありませんでした。そして高すぎて買えませんでした。(8000円くらいする。このANAのファーストクラス用のワインは1867本から選ばれるらしいぞ。すごいなあ)

それは金ラベルのメルローなんですが、駅前にある「信濃ワイン飲み比べワインバー」みたいなところがあって、そこでは信濃ワインが30ccからグラスで飲めるんですね。そこで銀ラベルのメルローを飲んだら、すごくよかった。
なので、金は相当おいしいのだろうと推察できます。
次回は必ず買います。はい、頑張ります。
信濃ワインを出たらちょうど契約農家のおじさんが納入に来ていて写真を撮らせてもらいました。

Pa060128

これはナイヤガラ。
甘~い香りがします。昨日のワインバーで
「駅前とかでもナイヤガラの香りがしてくる」
と言ってて、(えー香りで何の葡萄か分かるもんなのかなあ)と思ったんですね。
ところが、ここで納得。
本当に甘い香りがすごいんですよ。
そしたら農家のおじさん(写真の人)が
「1個もってけ」
って小さいのひとつくれたのです~。

Pa060129

甘い甘いナイヤガラを食べながらてくてくと、次のワイナリー「五一わいん」へを向かいましてございます。


Pa060134
※町を歩いていても住宅の間に普通に葡萄畑が…   


大きな地図で見る

昨日に引き続き二本目、三本目と続けて。

先日の信濃メルロが大人気即売り切れ。

皆さん大満足のご様子。嬉しい限りです!
とゆーことで引き続き続々と開けてます。

Img_4864

信濃竜眼 '10
かなり巨大な葡萄らしく、生食用というよりは加工専門葡萄?
えーとにかくよくわかりませんがお味のほうは◎

切れのある酸味と独特の香り、どれをとっても独特。

お次はコレ

Img_5757

葡萄交響曲 '10
メルロとベリーAのブレンドですがどちらかというとメルロの香りが…

まーそんな話は置いといてですね、面白いのがこのワイン
葡萄造りの時点からクラシックを聴かせて丁寧に作り上げまろやかに…

えー、正直 んなもんわかるかい!て感じです。

でも味は抜群。

ほんと美味しい!

いろんな説明とかもう抜きでいいでしょう。とにかく今回の仕入れは大成功、大盛況。
是非飲んでいただきたい!といっても既に全て完売。


ブログを更新している途中で店が大忙しになり、そのまま紹介前に無くなってしまいました。
すいません。

でもほんと美味しかったので近々また仕入れる予定ですのでお楽しみに。

日本人、日本ワインを飲め。

ここ最近の自分のテーマのひとつです。

そしてクラシック効果は未だわかっていません。笑

日本の恵み、開栓。

久しぶりに新着ワインをご紹介。

先日facebookでも告知しましたが、自分が他の用事で長野へ行っていたので、時間があれば(無理やり作って)せっかくなのでワイナリーへ行こう!てコトで行ってきました。

行き先はコチラ

B3110fe2aedf11e180d51231380fcd7e_6

なかなかいい出会いがありまして思わず飛びつきました。
とりあえず4点ほど仕入れてワイナリーを後に。

その他長野の光景はよろしければコチラから⇒ click!

その中からまずは赤ワインを一本。

Img_0892

信濃ワイン メルロ '10

ルビー色と言うよりは澄んだアメジストのような紫がかった姿に、シャープで気品があって少し妖艶な雰囲気さえ感じられる香り。

-立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花
-

こんな言葉が似合うようなステキな女性♡

ではなくワインじゃないでしょうか。

味の方も大満足。
是非飲んでいただければ感じ取っていただけると思います。

ゆっくり飲んでいただければ、そんな女性が一枚一枚着物を脱いでいってくれるような感覚に・・・

ま、僕の勝手な妄想はこの辺で。

とにかく素晴らしい日本ワインです。旨い!
今回、何故このような日本ワインを仕入れに行ったかと言いますと、

続きはまたの機会に綴ります。



信濃ワイン メルロ '10

グラスにて一杯 950円

是非皆さんに飲んで欲しいオススメの一本!
では珠家でお待ちしておりますー

第1回ボルドー祭りも終盤

あっと言う間に第1回ボルドーグラス祭りが終わってしまいそうです。

ご紹介できずにあれよあれよと空いてしまったものが多数。。。
今回の仕入れはなかなか好評でした。自分自身もかなり気に入ったものがありました

残すところあと2本!
今日はこれを開けました

RUPERT&ROTHSCHILD '09

Img_2604

実はこのワインはフランスではなく南アフリカ。
まー専門的なウンチクは控えますが、言ってみればワイン作りのオールスターが
手がけたワインってとこです。
しっかりとした香りに程よい酸味と長く続く爽やかなタンニンは飲みやすく気付けば何杯でも飲んでしまいます。一言で言えばエレガント。

素晴らしい辛口赤ワイン。

この手のワインは好きな方は多いですね!

初心者の方でアフリカなんてちょっと… と抵抗のあった人には是非この機会に飲んでいただきたいものです。
ってこのブログを書いているうちに既に半分空いてしまった。。。

皆さんお早めに♪

ルパート・ロートシルト・クラシック2009

こちらはグラス一杯1000円です。
ブログ見たよで900円に!?  お待ちしております

-R-

二本目、絶好調。グラスボルドー

Facebookを気にしすぎて先日のEPSの告知を忘れてました・・・

皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?なかなか着物着付けをLIVEで見れることも
少ないでしょうから面白かったですね。

次回は3/10(土)です。お楽しみに!

さて、話は変わりますがこないだからやってるボルドーグラス祭り、絶賛のまま一本目が終了。早速2本目に突入です。
今回のワインはこれ。

Img_1905

評価や話題は山ほどあるこのワイン。
色々調べてみましたがまー絶賛されてますね。でもココではそんなウンチクたれる必要はない
と僕は思っています。

一言 凄い!

是非飲んだほうがいい!正直びっくりしています。
今回仕入れたボルドーの中でも1番なのではないでしょうか?(まだ他の試飲もしていませんが...)
何かは来て頂いてのお楽しみにしましょう。

こちらはグラスで950円。

リーズナブルで美味しいボルドーをグラスワインで。
今回のテーマに完璧に当てはまった一本。

是非!

-R-

一本目 開けてみました。

先日少し告知したボルドー祭りですが、早々と一本開けてみました

CHATEAU MARAGOU 2009

Img_6522

ボルドー右岸のサンテミリオンからさらに東、ボルドーはコート・ド・フラン地区にある
シャトーで平均樹齢20年のメルロー80%、カベルネソーヴィニョン20%のブレンドで
このワインを造り上げているとのこと。

まず一本目、美味いです。

鼻に抜けていくメルローの爽やかな香りがたまりません。
思ってたよりもフレッシュなのが意外。 いいですねぇ

いいスタートです。是非!

シャトー・マラグー '09  一杯 900円

※今回のスポットワインはなくなり次第終了となりますのでお早めに。

それでは皆様お待ちしております

 

近日、ボルドー祭り開催。

まだまだ寒い毎日。
やはり冬にはしかっりした赤ワインが飲みたいですね。

とゆーことで近日、ボルドー祭り始めます。

Img_4315


今までボルドーをグラスワインとして提供することが少なかったのです。
理由はリーズナブルで美味しいボルドーワインがなかなか見つかりませんでした。
どうしても一杯1500円程してしまうものが多い中、どうにかリーズナブルに
美味しいボルドーを。ということで色々集めました!

と言うのは口実で、僕自身が安くて旨いボルドーが飲みたいという理由で
探してみました。('⊿`)


えー実際自分たちもまだ試飲していないので詳しいことは言えませんが、
お楽しみに!

一杯900円~1000円程で提供させて頂きますので皆様こぞってお立ち寄りください。

-R-

新たにおすすめ日本ワイン

毎日毎日寒い日が続いてますね。
去年に引き続き伊勢でも雪が降りましたがそれもまたいいもんです。

今日は久しぶりにワインのご紹介。

Chateau Mercian
シャトーメルシャン 甲州きいろ香 '10

Img_6542

甲州とは思いがたい濃厚で重みのある香り。
第一印象はそれでした。ですが時間が経つにつれ爽やかに花開いたような
香りに包まれてゆきます。味もまた同じ。
シャルドネにも似た丸みと温かみのある口あたり。でも余韻はスッキリ。
それが少しずつゆっくりと爽やかに軽やかに黄色い風に吹かれるよう。

これから暖かくなっていく冬から春への移り変わりをイメージさせてくれるような素晴らしいワインです。

これは美味い。

今や日本ワインも世界に負けてない!

是非一度飲んでいただきたいものです♪

こちらのワインはグラスで一杯1000円。
少し高いと思われるかもしれませんが、飲んでいただければ満足して頂ける一杯になることは間違いないでしょう。
飲んでいただいた皆さんの印象もききたいなぁ。

では珠家でお待ちしとります。

- R -

久しぶりに♪

今日は久しぶりにワイン紹介。

本日の一本はこちら。

2010 Les Vendanges du Domaine Rougie Viognier

  - レ・ヴァンダンジュ・デュ・ドメーヌ・ロジェ/ヴィオニエ -

20110830193622

こちらの葡萄はヴィオニエ種。

なんと言ってもヴィオニエの魅力は香り

柑橘系のフルーツや白い花畑を感じさせるような香りに胸がいっぱいになります。 少し時間をおくとレモンティーのような甘い香りも楽しめますよー。

味わいもふくよかでしっかりした酸味が印象的。しっかりしているのにフレッシュなのも魅力のひとつではないでしょうか。

そして面白いのがこのエチケット(ラベル)。

見ての通りこの年のヴィオニエ種が植えられたシャトー・ド・リュー所有の畑で、最初に収穫が行われた日にちを表しているとのこと。ヴィンテージ表記のワインは多々ありますが、日にちまで書いたラベルは他に無いのでしょうか?

こちらのワインはグラスで900円

是非皆さんに飲んでいただきたい一杯です♪

それでは珠家でお待ちしております。

- R -

ヌーヴォー2011

まだまだ毎日暑いですが、暑い夏を抜けると今年もアノ季節がやってきます。

世間ではボジョレで有名なヌーヴォーの季節ですね。

ところでヌーヴォーの意味をご存知ですか?

ボジョレヌーヴォーという言葉が一般的に広まったために間違った解釈をされてる方も多いと思いますが、『ヌーヴォー』とは新酒のコト。『ボジョレ』とはフランス・ブルゴーニュ地方のいちばん南に広がる地域とそこのワインを指します。



まぁ小話はそのくらいにしておいて、珠家も毎年楽しみな季節のひとつなのです。

そして今年はなんと!ヌーヴォーの会2011を20名様限定(予定)で開催予定!
詳細はまた10月あたりにお知らせしますので要チェック。お楽しみに♪

Img_9819

※写真はTN氏のネオ・ウメダ邸の庭で取れたブドウ。それを大きめのボルドーグラスに入れて、珠家のエントランスを飾ってみました。青と紫がなんともたまらなく素敵。
 コチラも今限定ですのでお早めにお立ち寄りくださいね。

 一粒食べてみましたが、味のほうは恐ろしくすっぱい・・・ 笑

 -R-

 

その他のカテゴリー