30、31日の営業形態についてのお知らせ

珠家の営業も残すところあと4日。
連日のお越しありがとうございます。
「うち、こんなに料理の出る店だっけか?」というくらい毎日キッチンに立ちっぱなしでなかなかご挨拶もままならない状態。
そこで、最終の2日間は形態を変えて営業することにしました。
30、31日は料理のオーダーストップが8:00pm。
代わりにと言ってはナンですが、開店を1時間早くして5:00pmからにいたします。
ドリンクはウィスキー、カクテル、ワインなど、今後仕入れても売る予定がありませんので、なくなったものから終売になっていますが、そういう感じでもよろしければ是非最後に珠家の空間を楽しんでいただければと思っております。
2Fのオーディオ機材やピアノも搬出されたので、その分席数も増やしました。
どなた様も気軽にお越しくださいませ。皆さまのご来店心よりお待ちしております。
20130328025610

珠家閉店のお知らせ

今年3月いっぱいで珠家を閉店することにいたしました。

ご存じの方も多いと思いますが、伊勢で「Simple」という雑誌を作っているZEROという会社が珠家のオーナーです。
私が前のお店(Rentier-ランティエ-)をしていた時のお客さんであったZEROの社長に当時「零二」という店でしたが、そこをやらないかと言われ、ちょうど家も河崎にあり、夫もかつて「Simple」の表紙を描いていたご縁もあってお誘いを受けました。2002年から「珠家」と名を替え、営業を開始、今年で11年です。

河崎をいう町で営業できたことはその後の「モナリザ」や「あるくマップ!伊勢」、「サトナカ」を作りだす原点ともなり、「珠家」を起点とした多くの出会いがその後のビジネスに大きい影響を与え、現在に至っております。

11年の間に、近隣の方から伊勢という土地柄、遠方の方まで実にさまざまな方にお越しいただきました。160年前の蔵を利用した店でしたので、みなさん建物自体にも興味をお持ちで、私自身もこの歴史を刻んできた空間で仕事ができるというのは大変幸せなことでした。

今回、珠家を閉めるということで、心配していただいたり、また、色んな憶測も飛び交っているようですが、一番の理由は「サトナカ」を中心に昼の仕事が忙しくなってきたということです。
朝から夜中まで働くというのは別に珍しくも何ともありませんが、朝から仕事をして夕方それを中断し、珠家の営業時間ぎりぎりに店に飛び込む、いうことが何年も続いておりました。そんな状態にも関わらず、多くのお客さまに来ていただき、本当にありがたいことでしたが、私自身、どこかで「どれも中途半端ではないか」という気持ちがありました。

また、近年になって「お日さまと共に活動したい」という気持ちが高まってきておりました。

何かを「辞めること」は負のイメージがつきまといますが、新たな進展のためには「必要なこと」でもあります。
今後「モナリザ」「サトナカ」といった昼の仕事を中心に河崎で活動していくことに変わりはありません。珠家という店はなくなりますが、それ以上にまた新たなお店や面白い町作りに貢献していけるよう尽力したいと思っております。

珠家の営業は3月31日まで。それまで、いつも通りお待ちしております。
何卒よろしくお願いいたします。

2月お休みの変更。

3日(日)

11日(月・祝日)
17日、18日、19日(日、月、火)
20日~23日につきましては時間と営業体型を変更して営業いたします。
20日 19:00open~0:00close
21日 19:00open~23:00close
22日 19:00open~0:00close
23日 19:00open~0:00close
※この4日間はDrinkのみの営業となります。(ちょっとしたおつまみは御座います。)
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします!

2月のお休み

3(日)
11(月・祝)

17(日)〜24(日)

17日から1週間お休みをいただきます。

何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m





珠家の年末年始 営業案内

【河崎・珠家】年末年始の営業案内
24日 休み
25日 休み
26日 竜一ナイト 7時くらいから営業(ゆき不在)
27日 竜一ナイト 7時くらいから営業(ゆき不在)
28日 通常営業
29日 通常営業
30~1/3日 休み
4日~ 通常営業
なお、12月いっぱいは23時閉店です。
24日はクリスマスですがお休みです。
26、27は竜一ナイトです。
いろいろ変則ですが何卒よろしくお願いいたします。

閉店時間変更のお知らせ

Champagne2sam_3閉店時間がしばらくの間変わります。

閉店   大体23:00くらい

何卒よろしくお願いいたします。

日本のワイナリー巡り 五一わいん(林農園)

信濃ワインから歩いて15分ほどだったかな?
五一わいんです。ワインではなく「わいん」なんです。
五一というのは創業者の林五一さんから取ったものだそうで、ここは創業1919年。大正やがな。すごいですねー。

さて、ここはなんと言っても畑の見学ができるということで楽しみにしてきました。
畑とか、いいんですか。行っても。「どうぞどうぞ~!」と、お店の人に言われて、まずは畑へ。

Pa060136
畑の手前にうずたかく積まれたぶどうを入れるコンテナ

Pa060138

やー、キレイですねー。たわわに実ったこれはリースリング。

そしてこれはシャルドネ。
Pa060139

カベルネ・ソーヴィニヨン
Pa060145

ピノ・ノワール
Pa060143

これは垣根栽培のカベルネ・ソーヴィニヨン
Pa060147

こんな風に実が付いています。
Pa060148

ここの特徴は「林スマート方式」という仕立て方で、棚栽培なんだけど、北側に梢を向けて伸ばし、細心の剪定をして実に日光が沢山あたるようにしてあることです。
通常、このような垣根栽培だとひとつの木にできる実を限定してしっかり育てることで栄養を行きわたらせて味の充実を図るのですが、これだと太陽が真上に来た時、ぶどうの葉っぱで遮られて思ったよりも陽が当たらないのだそうです。

垣根栽培とスマート方式、それぞれの利点があると思います。
ことしは雨が少なく、糖度も25くらいあってすごくできがよいとのことです。

ちょうど、ここの社長さんが作業をしておりましたので、いろいろお話を伺うことができました。社長さんと言ってもとってもチャーミングなおじいちゃんです。

さて、ここには樹齢50年のメルローの木があります。
Pa060153

ちゃんと実もなっているんですよー。すごいですねー。おいしそうじゃないですか。
Pa060154

そんな五一わいんでは次のワインを買って参りましたヨ。

・竜眼(酸化防止剤無添加)←今、これ開いてます。
・エステートゴイチ シャルドネ

あとは~…ん~…もう忘れちゃった。

メルローは買ってきましたよ。メルローは今開いております。
軽やかでおすすめです。おいしい。

そうそう、畑にはこんなものも。
Pa060141

仕事にはかかせない電動(?)作業車。

そして、もうひとつ。

畑の中にすごくうるさい鳥がいて「ぎょえーっ!ぎょえーっ!!」って鳴いてるんですよ。
それが本当にうるさくて、一体なんの鳥や、と、思ったら。
なんと、これがスピーカーから流れているのですね。

んで、作業の人(それが社長さんやったのですが)を捕まえて
「あのうるさいの、一体なんですか?」
と、聞いたら、何でもスズメ除けだとか。

5種類の禽鳥の鳴き声をMIXさせたものを流してぶどうを鳥の被害から守っているそうです。

そうそう、写真のぶどうに付いている白っぽいのは「ボルドー液」だそうです。
「これ見ると嫌がる人いるんだけどねー。病気を防ぐのには一番安心なんだよね。ボルドー液が」ということでした。
ワインの加工の段階で底に沈むので、検出もされずに安心なんだとおっしゃっておりました。


さて、そんな五一わいんで沢山遊ばせてもらった私、そろそろ力が尽きそうですが、もう一軒、この五一わいんの前にあるもうひとつのワイナリー「井筒ワイン」も攻略せねばならんのです。

いざ!井筒へ~。

Pa060160

日本のワイナリー巡り 信濃ワイン

日本でもおいしいワインが近年注目されています、一度は生産現場へ足を運んでみようと思い、東京出張のついでに長野の塩尻まで足を伸ばしました。


東京新宿から中央本線で2時間半、名古屋からも中央本線で2時間のところにある塩尻はワインの町。おそらく現地の人の言葉を借りても「ワインだけが有名」とのことで、駅前は何と言うか、だだっぴろくて非常に閑散としております。

ワイナリーの多くはナント、朝8時半から試飲を開始しております。
14時の電車で夜の営業に間に合うように帰らなくてはいけないので、朝からトップギアでございます。
駅の西口からタクシーに乗って1200円。まずは信濃ワインから攻めて参ります。



Pa060127

信濃ワインは地下の貯蔵庫の見学ができます。
ここには1956年のワインだかブランデーだかちょっと忘れましたけど、保存がしてあります。

棚にすんごいホコリをかぶっておりましてですね。
うーん歴史ですなー。ここでは次の商品を購入いたしました。

竜眼(クラッセ・ノワール)
メルロー(スーパーデラックス)
豪雪(ナイヤガラ無ろ過 無添加)
雪花(コンコード無ろ過 無添加)
秋香る(ロゼ コンコード)
NAC ナイヤガラ シュール・リー
信濃葡萄ジュース
・1996年製 ブランデー

珠家では豪雪と葡萄ジュースを昨日から提供しております。
豪雪はアルコール9%でろ過をしていない無添加の白ワイン。濁りワインでございますよ。
葡萄ジュースももちろんストレート果汁でスーパーおいしいです。

ナイヤガラのシュール・リーはものすごく香りが甘いのに飲むとキリッとパンチのある辛口でその意外性についついまた飲んじゃうという代物ですね。
竜眼という品種も珍しいですが、この辺ではよく作られている葡萄です。
ちょっと味に複雑さがあります。

ここのメルローはANAのファーストクラスでも使われているのですが、さすがにその試飲はありませんでした。そして高すぎて買えませんでした。(8000円くらいする。このANAのファーストクラス用のワインは1867本から選ばれるらしいぞ。すごいなあ)

それは金ラベルのメルローなんですが、駅前にある「信濃ワイン飲み比べワインバー」みたいなところがあって、そこでは信濃ワインが30ccからグラスで飲めるんですね。そこで銀ラベルのメルローを飲んだら、すごくよかった。
なので、金は相当おいしいのだろうと推察できます。
次回は必ず買います。はい、頑張ります。
信濃ワインを出たらちょうど契約農家のおじさんが納入に来ていて写真を撮らせてもらいました。

Pa060128

これはナイヤガラ。
甘~い香りがします。昨日のワインバーで
「駅前とかでもナイヤガラの香りがしてくる」
と言ってて、(えー香りで何の葡萄か分かるもんなのかなあ)と思ったんですね。
ところが、ここで納得。
本当に甘い香りがすごいんですよ。
そしたら農家のおじさん(写真の人)が
「1個もってけ」
って小さいのひとつくれたのです~。

Pa060129

甘い甘いナイヤガラを食べながらてくてくと、次のワイナリー「五一わいん」へを向かいましてございます。


Pa060134
※町を歩いていても住宅の間に普通に葡萄畑が…   


大きな地図で見る

本日の珠家

9月28日(金)
本日珠家ですが、高齢の…じゃないや、恒例の竜一ナイトでございます。7時より営業で、ドリンクのみでございます。乾きもんくらいは出ます。ソーセージとか伊勢うどんとか、それくらいはあります。私、明日には復活できると思います。皆さまも風邪には気をつけてください。

本日も臨時休業(><)

9月27日(木)
昨日に引き続き珠家お休みいただきます~。
連日すみませんm(_ _)m

«臨時休業のお知らせ